WAN(Wide Area Network)とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

WAN(Wide Area Network)は、広範囲にわたる地理的な領域をカバーするネットワークです。これには、都市、州、国、あるいは大陸をまたぐような非常に広い範囲が含まれる場合があります。WANは、複数の小規模なネットワーク(例えばLAN:Local Area NetworksやMAN:Metropolitan Area Networks)を接続して、遠隔地のグループ間で通信を可能にするために使用されます。

WANの特徴

  • 広範囲な接続: WANは広大な地理的範囲にわたって構築されており、異なる都市や国を結んでいます。
  • 様々な通信手段: WANは、リース線、衛星リンク、無線リンクなど、様々な伝送メディアを使用してデータを伝送します。
  • 遅延とジッター: データが長距離を移動するため、LANよりも遅延(レイテンシー)やジッターが大きくなる傾向があります。
  • 帯域幅の制限: WANリンクはしばしば帯域幅が限られており、トラフィック管理やQoS(Quality of Service)が重要になります。
  • セキュリティ: WANは多くの異なるネットワークを経由するため、データの暗号化やセキュリティプロトコルが重要です。

WANの使用例

  • 企業ネットワーク: 多国籍企業が世界中の支社やオフィスを接続するためにWANを使用します。
  • インターネット: インターネット自体が世界最大のWANであり、世界中のコンピュータやネットワークを結んでいます。
  • テレコミュニケーションネットワーク: 電話会社やインターネットサービスプロバイダー(ISP)は、顧客をサービスに接続するためにWANを運営しています。

WANの管理

WANの管理は、その複雑さとスケールのために、特定の課題を提起します。これには、帯域幅の最適化、ネットワークの監視、パフォーマンスの管理、セキュリティポリシーの実施が含まれます。多くの組織では、WANの設計と維持に専門のネットワークエンジニアやITプロフェッショナルを雇用します。

WAN技術は継続的に進化しており、SD-WAN(Software-Defined Wide Area Network)のような新しい技術は、より高度なトラフィック管理とネットワークの柔軟性を提供しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*