クレーム対応の電話が嫌です。プログラマになれば対応しなくてもいいですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

プログラマとして仕事をする場合、クレーム対応の電話には避けられないこともあります。特に、ソフトウェア開発会社などで働く場合は、製品やサービスに対するクレームの対応は求められることが多いです。

クレーム対応は、開発者にとっては重要なスキルの1つであり、職務の一部です。クレームを受けるときは、顧客の満足度を上げるために努力することが求められます。顧客からの抱えている問題を理解し、適切な対応をすることが重要です。これは、顧客との信頼関係を築くためにも重要です。

また、クレームから得られる情報は製品やサービスの改善に役立ちます。顧客からの意見やフィードバックを受け取って、製品やサービスを改善することで、顧客満足度を上げることができます。

しかし、クレーム対応の仕事は必ずしもプログラマに限られているわけではありません。多くの会社では、カスタマーサポートチームなどがクレーム対応を担当しているため、プログラマは直接の顧客との接触を避けることができます。

結論として、プログラマになってもクレーム対応をすることは避けられないこともありますが、それが自分に合った仕事でない場合は、他のチームに対応を依頼することは十分に可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*